上野村

「森林と生きる」とは。

更新日:2024.01.23

森林面積が95%を占める上野村に生きる人々のサスティナブルな営みを紹介する博物館

森林文化館mori+(モリト)が新しくできました!

この森林文化館mori+では、

さまざまな木の種類や特徴、自然と歴史の関係などを学ぶことができます。

 

森林と人をつなぐ合言葉「かきくけこ」

木育を推進する東京おもちゃ美術館が提唱する「木育かきくけこ」から着想したものです。

「か」環境を調える森林

「き」伐ると植えるで育む森林

「く」暮らしに取り入れる森林

「け」経済を活性化させる森林

「こ」心を豊かにする森林

 

「き」のエリアでは、林業について映像を見ながら学ぶことができ、

「く」のエリアでは、普段使っているお椀ができるまでの10工程を知ることができたりと、

日常の中で何気なく使っていたり、目にしているもの・ことなどが

「森林」に繋がっていることをたくさん知ることができる場所となっております。

ひとつひとつの営みは、密接に関わり合い、有機的なサイクルを作っています。

森林に触れることで、多くのことが繋がり、再び森林を育む力になる。

このサイクルを回し続けることで、豊かな未来が育まれていきます。

 

「森林(もり)とともに生きている。」

森林に囲まれている上野村だからこそ、感じることができ、気づくことができる。

 

旅行先として、移住先としても魅力的なので、

上野村にお越しの際は、自然が作る音・匂い・空気などもぜひ楽しんでもらいたいです。

そして、ここで好きなメッセージを書いて、飾ってくれると嬉しいです!

木の香りとぬくもりを感じられる文化館なので、

ぜひ上野村にお越しの際は遊びに来てくださいね!

 

[森林文化館mori+]

 住所: 〒370-1617 群馬県多野郡上野村楢原309

 定休日:毎週木曜日